座位における体幹機能②

②前方リーチと後方リーチにおける体幹機能

1.座位リーチで前外側方への移動は反対側腰背部が増加します。

2.座位リーチで後外側方への移動は反対側腹筋群が増加します。

*ここが注意点

臨床で勘違いしている場面として、腹筋の筋力が低下がある方で鍛える為に座位で前方への輪入れリーチ訓練を選択してしまう方がいます。しかし、前方へのリーチ訓練は背部の筋活動が高まるため、腹部の筋を鍛える場合は後方へのリーチ訓練を選択する必要があります。

③一側手支持への荷重における体幹機能

—・座位で一側手支持への荷重訓練は、荷重量の増加に伴い、支持側腹斜筋群と腰背筋群の増加します。一方、非支持側の腹斜筋群は変化なく、腰背筋群は荷重量減少に伴い増加します。

*ここが注意点

側方リーチは反対側の腹筋・背筋の筋活動が高めますが、一側手支持への荷重は同側の腹筋・背筋の筋活動を高めます。側方移動でも上肢支持が加わると筋活動が変わるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了