膝の痛みでお悩みのあなたへ

市原 膝の痛み

膝の痛みでお悩みのあなたへ。まずはなぜ膝の痛みが出るのか?膝の痛みを起こす要因となりやすい、3つの原因についてお伝えします。

膝の痛みの3大原因!!

1.太ももの筋肉の使い過ぎ!

あなたは膝の痛みが太ももの筋力不足だから起きていると思っていませんか?

はっきり言ってそれは間違いです!!ほとんどのケースが

「膝の筋肉が弱いから痛みが出ている」のではなく「痛いから力が入らないだけ」これが正解です!

むしろ、膝の筋肉を使い過ぎてその結果痛みを出している人の方が多いのです!膝周囲の筋肉を使い過ぎることによって

・筋の付着部に炎症が起きる

・膝のお皿や膝の間の関節の動きが悪くなる

・筋疲労を起こす

・変形を助長する

このような悪影響を及ぼします。このような状態の膝に対して、今までやったきたような太ももの筋トレをしたらどうなるわかりますよね?

そうです、いつまで経っても改善しないばかりか痛みや変形が悪化する可能性だってあるのです!

2.他の関節からの影響(股関節・膝関節)

膝関節は、股関節と足関節に挟まれている関節です。それが故に、他関節からの影響を最も受けやすい関節と言われています。とくに股関節と足関節の動きの制限、機能不全は膝関節に重大なストレスを与えます!

3.体幹による影響

膝関節は、姿勢のバランスを保つ為に、多く用いられる関節です。その為、体幹機能の働きが不十分で体のバランスが崩れていると、膝関節でバランスを取ろうと過剰に働いてしまい、痛みの原因になることがあります。

これらは可能性として考えれるほんの1部の例です。私の施術は【原因】はどこにあるのかを見つける引き出しの数が、他の医療機関に比べて「圧倒的に多い」ことが特徴です。原因を追究し、それに合わせたセルフケアを指導していきますので、継続して行って、是非ご自身でケアできるようになって下さい!

膝のお皿の動きも大事!

膝のお皿の動きって実は凄く大事です!なぜかというと、太ももの筋肉は膝のお皿の上を通って脛に付着します。その為、膝のお皿の動きや位置によって、太ももの筋肉の力を効率良く伝達することができるかどうかが変わってきます。

膝の関節に負担をかけないようにするためにはこの膝のお皿の動きや周りの柔軟性が大事です。

↓の動画のセルフケアを参考に普段から膝のお皿の動きがでる状態に身体を維持してみて下さい。

追伸

市原ひなた整体院には膝痛でお悩みの方が多く来院されます。その中には整形外科や整体院などに通って治療を行っても「痛みが変わらない」、「効果を感じない」と訴える方も大勢いらっしゃいます。

私はそんな方々をどうにかしたい、救いたいと強く思っています。その為に、様々な講習会に参加して知識・技術を磨いてきましたし、今後も精進するつもりです。そのかいもあり、市原ひなた整体院に来院される方々に「ここへきて本当によかった」、「痛みがとれて、毎日が楽しい」など嬉しい声を沢山いただいております。

膝痛でお悩みの方は是非一度相談してみて下さい!

今ならLINEの友達登録者にご自身でできる腰痛・膝痛のセルフケア動画を無料プレゼントしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了