痛みの3タイプ

市原 整体

痛みが現れる原因は大きく分けて3つあります。それぞれの痛みによって効果的な対応が変わってくるので注意しないといけません。

①:機能低下によるもの

いわゆる筋力の低下などによって、関節や組織に負担がかかって起きる痛みです。対応策としては運動療法を行い、機能の向上を図ることです。

②:構造的破綻

①の状態を放置していると、関節などはどんどんすり減って、変形していきます。いわゆる変形性膝関節症や骨折などが該当します。構造的な変化が生じたことで、それ自体の痛みと、体の一部分に負担が蓄積された痛みが起きます。一度、構造的破綻が起きてしまうと元に戻らないだけではなく、運動療法の効果も下がります。対応策としては外科的手術を行い、構造的破綻を取り除くことです。

③:炎症

いわゆる、腫れ(浮腫)や熱感です。なによりも脹れは取り除くのが第一優先となります。その為、この状態での運動療法は余計に体を壊し、痛みを増悪させる可能性があるので避けたほうがいいです。対応策としては安静、注射、内服や超音波などの非温熱、RICE処置などです。

 

まずはこの3つのタイプであなた自身の痛みの原因・状態を把握して、適切な治療を選択することが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了