体を反らした時に出る腰痛の改善方法とは?

体を反らした時に出る腰痛は腰のマッサージをしてもほとんど治りません。

そのような腰痛の原因は、腰などの体の背面ではなく、お腹などの体の前面の筋肉が原因となって起きるからです。体の前面の筋肉が縮こまって固くなっていると、体を反らした時に伸ばされて痛みが出るのです。

なぜ腰に痛みが出るの?

体の前面の筋肉の痛みが何で後ろの腰の痛みに繋がるんだ?と疑問に思う方もいるかと思います。それは筋肉がくっついている所が関係しています。

体の前面の筋肉で腰痛の原因になりやすい【大腰筋】というのがあります。この大腰筋の起始(筋肉が始まる所)は主に腰の背骨に筋肉がくっついている為、この筋肉のストレスが背骨へのストレスに繋がり、それが腰痛へと繋がります。

大腰筋の具体的なイメージは図を見て下さい。ちなみに大腰筋と腸骨筋を合わせて腸腰筋と呼び、一括りにされることも多いです。

改善方法は?

ズバリ、大腰筋の柔軟性を高めることです!!簡単なストレッチ方法を下記に記します。

1:仰向けでのストレッチ

①仰向けて片方の膝をお腹につけるように抱え込む。

②反対側の足は浮き上がらないように真っすぐ伸ばす。もしくは可能であればベッドの下に足を垂らす。

③腰が浮いたりしないように注意。

片方15~20秒で左右実施。膝を抱えてない側の大腰筋のストレッチになります。

 

2:仰向けでのストレッチ②(ボール使用編)

①テニスボールを股関節の付け根に挟んで、ゆっくりと膝をお腹につけるように抱え込んで押し当てます。

片方15~20秒で左右実施。膝を抱える側の大腰筋のストレッチになります。

腰痛でお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了