腰を揉むだけでは腰痛は治りません!

あなたは腰痛だからとマッサージで腰を揉んでもらっていませんか?

確かに、マッサージは気持ちいですし、その時は一時的に楽になるかもしれません。ですがよく考えてみて下さい。

翌日には痛みが戻っていませんか?

マッサージ店に通い続けたとして、一週間前の自分と比べて良くなっていますか?

マッサージは痛いところや凝っているところを揉み解してくれますが、それが根本的な解決に繋がるとは限りません。それについて一つずつ説明していきます。

そもそも腰の筋肉が縮こまって本当に痛みが出ているのか?

あなたは凝っている腰=腰の筋肉が縮こまってずっと力が入っている=痛みがでると思っていませんか?

果たして本当に腰の筋肉は縮んでいるのでしょうか?

例えば腕で考えてみましょう。二の腕の筋肉が縮むと肘は曲がります。

次は膝で考えてみましょう。膝裏の筋肉が縮むと膝は曲がります。

では腰は?あたたが思う腰の筋肉が縮むと体はどうなりますか??

そうです、腰は反ってしまいますよね。しかし、腰痛のほとんどの人は腰が反るどころかどんどん曲がっていませんか?

筋肉は伸ばされると痛みがでる!

筋肉は伸ばし続けられると痛みを出します。また限界まで伸ばされると体を守るために力を入れて固くしようとします。これが体にとってストレスとなり腰痛が出るんです。ではどうしたら痛みを防げるか?

縮んでいる筋肉を伸ばして、働けるようにする!

腰痛の方の縮んでいる筋肉は

・お腹周りの筋肉

・太ももの前側・内側の筋肉

・脛(すね)の筋肉

などが多いので、これらの縮んでいる筋肉を伸ばしてみて下さい。

縮んでいる筋肉を伸ばして、機能的に働けるようにすることで、伸ばされて痛みが出ていた筋肉の負担が減るので痛みが改善されます。

安易なマッサージは痛みを悪化させる恐れがある!

ここまでお読み頂いた方はお気づきかもしれないですが、腰が痛いからといって、痛い場所をマッサージすることはおすすめしません。マッサージとは筋肉を伸ばす行為になるからです。伸ばされて痛みが出ている所をさらに伸ばしてしまうと、悪化させる恐れがあります。

また、筋肉が張るのには理由があります。その多くは、働きにくくなっている他の筋肉の代わりに頑張った結果、張ってしまいます。筋肉はほぐされると力が出しにくくなります。その為、代わりに頑張ってくれている筋肉を、安易にほぐしてしまうと、他の部分にストレスがかかり、体を壊す要因にもなります。

 

腰痛の原因はさまざまあり、一つだけではなく、いくつもの原因が、積み重ねって出ている方も多いです。今後も一つ一つ、原因を解決できる方法をお伝えしていくので、是非、腰痛のない生活を送る為に活用して下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了