丸腰姿勢の人の腰痛ケア方法

市原 整体院

今回は丸腰姿勢の人の腰痛解消方法をお伝えします。

ご自身の姿勢がわからない方は前回の記事を見てみて下さい→腰痛の姿勢チェック方法

丸腰姿勢の方は腰の曲がって骨盤が後ろに位置しています。その為、お尻の筋肉が固くなりすぎています。

また肩甲骨も外側へ移動して肩が前に行き過ぎてしまし、背中全体が引っ張られるストレスが常に加わります。

以上の点から特に「大殿筋」、「広背筋」の二つの筋肉が痛みの原因となりやすいです。

大殿筋のストレッチ方法

①座った状態でストレッチしたい方の足を膝立てにして、そこから外側がベッドにつくように足を倒す。(片側のあぐら姿勢をとる)。

②足を外側に押し倒した状態で、骨盤をしっかり起こしてまま、体を前に倒す。お尻が伸ばされて気持ちい所で20~30秒ストレッチ。

広背筋のストレッチ方法

方法①片方の手で反対側の脇の下に手を入れて、肩甲骨の外側を摘まむ。摘ままれた側の腕を内側・外側とねじると、肩甲骨の外側で広背筋が動くのを確認できるので動いた筋肉を摘まんでほぐす。

方法②肘を伸ばした状態で手の平を上に向ける。その手を反対側の手で掴んで上に持ち上げ、そのまま横に倒して体の側面伸ばす。(立ってやるのが難しい場合は座って行う)

もっと、伸ばせる方は、立った状態で伸ばしてない側の足を一歩下げて行うとよりストレッチがかかり効果的です(バランスを崩さないように気を付けて実施して下さい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了