不妊治療の現状①

今日は都内で妊活セミナーを開催しました。
不妊治療の現状は?
妊活てどんな事から始めたらいいの?
妊活で大切なことは何か?
私からはこんな内容のお話をさせて頂きました。

ブログの法でも少しずつ情報発信していきたいと思います。

体外受精の件数と生まれた子供の数は?

まず始めにこの数字が何を表しているかわかりますか?

2012年:32万6000→3万7953

2015年:42万6000→5万1001

少し、古いデータになりますがこれは国内で行われた体外受精の件数に対して、実際に体外受精によって生まれた子供の数です。日本は世界的に見ても、体外受精の件数は多いにもかかわらず、それによって生まれてくる子供の数に関しては世界的に見てかなり低い状態にあります。比率でいうと2012年では11,6%、2015年で12%となっていて、約1割程度しか成功していません。1回の体外受精にかかる平均的な費用の相場は30万~50万といわれており、決して安くない費用にも関わらず、実際に妊娠する方の割合はこんなにも低いのは今の不妊治療の現状です。

ではなぜこれほど体外受精の成功率が低いのでしょうか?

日本の医療に問題があるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。むしろ、世界的に見ても日本の不妊治療の医療水準は高いといわれています。

ではなぜこのような結果をまねいているのか?

医療技術は進歩していますが、そもそもの妊娠するための身体の準備が整っていない方が多くなっていることが背景にあります。つまり、妊娠しにくい身体になっている人が年々増えているんです。

なぜ、現代人は妊娠しにくくなっているのかについては様々な要因があるので、今後ブログに一つずつお伝えしていきます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了