妊活プログラムについて

妊活をすすめていく上でどうにようにして体を変化させればいいのかお悩みの方も多いかと思います。今日はそんな方のヒントになるお話をさせて頂きます。

妊活プログラムとは?

妊活プログラムとは、身体の働き(特に内蔵)を基にした、妊娠までのステップを表したプログラムです。身体の働きはこの順番をたどるので、このステップを踏むと結果が得られやすくなります。

①排泄(解毒):出す。

身体に溜まった毒素を出すことで、身体の中をきれいにして、良いものを吸収しやすい環境を作ります。なのでまずは出すことが大切です。

これが上手く機能しないと→便秘、生理痛、頭痛、アトピーなどのアレルギー、ネガティブな感情(怒りや不満)などの症状をきたします。

関連臓器:肝臓、腎臓、腸、肺、皮膚、子宮など

 

②同化(消化・吸収):入れる。

あたり前のことですが私たちの体は、体に吸収された物で細胞が構築されます。良い物を効率よく吸収できれば、それだけ体液・細胞の状態は良くなっていきます。

これが上手く機能しないと→だるさ、疲労、下痢などの症状をきたします。

関連臓器:(消化):腸、胃、胆嚢、膵臓など。 (吸収):腸、肺、皮膚など。

 

③適応(循環・免疫):回して、維持する。

体液をしっかり全身に循環させて、環境に応じてホルモン分泌したり、免疫システムを働かせて、体の良い状態を維持させます。

これが上手く機能しないと→冷え、むくみ、子宮内膜症、子宮筋腫、副腎疲労などをきたします。

関連臓器:(循環):肝臓、脾臓、腸、腎臓、心臓など。

(免疫):甲状腺、腸、胸腺、脾臓、腸管など。

 

④生殖:生殖能力が上がる。

子宮・卵巣・精巣の状態をよくして、体の中の妊娠・出産の準備をします。

これが上手く機能しないと→ホルモンバランスの乱れ、生理不順、多嚢胞性卵胞、排卵障害、流産、不育症、着床障害などをきたします。

関連臓器:子宮、卵巣、精巣、前立腺、下垂体、視床下部など

 

⑤成長(親としての知恵):幸福

これらのスッテプをしっかり踏むことで、健康な体について気付き、学び、改めることできるようになります。そして幸せな妊娠と子供の健康へと繋がります。

もし無ければ→知恵の欠如(知識+経験)、自己否定(自己愛の欠如)、依存などに繋がります。

 

私はこの妊娠プログラムをベースに生活習慣の見直しや内臓の歪みの調整を行って、妊娠しやすい身体作りのサポートを実施しています。もっと詳しく知りたい方は下記より友達登録してご連絡下さい。

 

 
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了