警告!死ぬかもしれない腰痛!

お体の悩みで多い、痛みについて、症状別に色々お伝えしようと思います。今回は【腰痛編】です。

まずあなたに知っておいてもらいたいのは腰痛だからといってやみくもにマッサージをすることは危険だというこです。ただの筋肉痛ではなく、重篤な疾患のサインとして腰痛をきたしている場合があるからです。その判別として、レッド・フラッグサインというものがあります

レッド・フラッグサインとは?

重篤な脊椎病変の可能性があるかどうかを判別するための各兆候(チェック項目)のことです。

重大な脊椎病変とは、悪性腫瘍(癌)、脊椎感染症、脊椎炎、骨折、解離性大動脈、馬尾症候群などです。

具体的なチェック項目は、以下の通りです。
■ 発症年齢が20歳未満か55歳超
■ 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)
■ 進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)
■ 胸部痛
■ 悪性腫瘍の病歴
■ 長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴
■ 非合法薬物の静脈注射、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ
■ 全般的な体調不良
■ 原因不明の体重減少
■ 腰部の強い屈曲制限の持続
■ 脊椎叩打痛
■ 身体の変形
■ 発熱
■ 膀胱直腸障害とサドル麻痺

これらレッド・フラッグサインの項目に該当する腰痛の方は重篤な脊椎病変がないかどうか病院で検査を受けるようにガイドラインで勧告されています。

項目に該当するからといって必ずも重篤な脊椎病変があるわけではないですが、見逃して、最悪死につながるケースも可能性としてありますので一度精密検査をすることをおすすめします。

何を一番の判断にすればいい?

もちろんどの項目も大事ですが、個人的な見解として一番重要ししていることは【姿勢よる痛みの変化があるかどうか】です!!重篤な脊椎病変でなければ、どんなに腰痛が強い方でも、必ず痛みが和らぐ姿勢があります。基本的にどんな姿勢になっても痛みがずっと同じで続くということはありません。もし、そのようなケースがある場合は、安易にマッサージ店や整骨院、整体院には行かず、しっかりと医療機関で検査することをおすすめします。

 
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士として病院勤務するかたわら、健康予防にも力をいれて、沢山の人々を健康にして日本を元気にしたいと活動中! また、リハビリ難民にリハビリ提供をしてサポート活動も実施しています! 主な資格 国家資格理学療法士免許 FCTアドバンストレーナー(フットケアトレーナー) jccaアドバンストレーナー(日本コアコンディショニング協会) ひめトレインストラクター(骨盤底筋エクササイズ) 田邊セラピー認定者(CI療法) キネシオテーピング基礎コース修了 関節ファシリテーション(SJF)基礎コース修了 日本妊活協会導入コース修了